直腸切除|三鷹、調布で動物病院をお探しなら「ライオン動物病院」。外科・腫瘍の治療はお任せ下さい!

  • 0422-33-9903
  • contact

11東京都保 第100387号
11東京都訓 第100387号

ライオン動物病院

症例報告

症例報告

直腸切除

直腸切除 直腸切除

シェルティーのJ君7歳は、血便が出るという事で来院しました。
バリウム検査を行ったところ、肛門から約20センチのところに狭窄部があり、明らかに何か腫瘍のようなものがありそうでしたので、肛門から内視鏡で検査したところ、腫瘤が確認できたので、腹腔内から直腸切除するオペを行いました。 写真は開腹時のもので、既に直腸は重積を起こしていました。

写真(2)は切除した直腸を開いたものです。病理検査の結果、骨外性骨肉腫でした。犬の場合、腸管以外にも脾臓、乳腺、皮膚、肝臓など多様な臓器で発生することが知られています。当院でもこういった症例は初めてでした。
予後は良好です。

一覧へ戻る

pagetop