会陰ヘルニア|三鷹、調布で動物病院をお探しなら「ライオン動物病院」。外科・腫瘍の治療はお任せ下さい!

  • 0422-33-9903
  • contact

11東京都保 第100387号
11東京都訓 第100387号

ライオン動物病院

症例報告

症例報告

会陰ヘルニア

会陰ヘルニア 会陰ヘルニア

キャバリアのAちゃんの会陰ヘルニアの手術の様子です。
会陰ヘルニアとはお尻の周りの筋肉が弱くなることで筋肉と筋肉の間にすき間(ヘルニア孔)ができて、そこからお腹の中の脂肪や腸、膀胱などが皮膚の下にまで出てきてしまう病気です。
病気の発症には性ホルモンが関係していて、高齢の未去勢の男の子に多く発症します。Aちゃんの場合、直腸が蛇行してそこに便が溜まってしまい、排便が困難になっていました。

出てきていた脂肪等を押し戻し、ヘルニア孔を指で確認していることろです。(写真1)

そのヘルニア孔に筒状になっているシリコン製のプレートを入れて穴を塞ぎ、周囲の筋肉と縫合します。このプレートは時間が経つと結合織で覆われて、周囲の組織としっかり固定されます。(写真2)
Aちゃんは手術の結果、スムーズに排便ができるようになりました。

一覧へ戻る

pagetop