椎間板ヘルニア|三鷹、調布で動物病院をお探しなら「ライオン動物病院」。外科・腫瘍の治療はお任せ下さい!

  • 0422-33-9903
  • contact

11東京都保 第100387号
11東京都訓 第100387号

ライオン動物病院

症例報告

症例報告

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアと言えばミニチュアダックスと言われるほど、この犬種に多発する重大な疾患です。
早急な手術を行わないと、下半身麻痺等の予後の悪い結果が待ち受けている疾患です。このワンちゃんもある日突然後肢が立たなくなり当院に来院しました。犬種 と年齢から椎間板疾患を強く疑い、キャミック(検査センター)にて早急にMRIを撮り、腰椎の2番目と3番目の間に椎間板の突出が見られたのが左の写真です。

MRI画像により、原因の部位が特定できたので、緊急手術を行い、その部位の神経の圧迫を取り除く造窓術という手術を行いました。
その結果、現在はほぼ元通りに歩ける程に回復しています。

一覧へ戻る

pagetop